車の譲り受け

私の主人の実家は、お金持ちだ。貯金額など、もちろん見たことがないが、お金の使い方で分かる。世間一般に言う、どんぶり勘定のようだ。金銭感覚が全然違う。そのお金の使い方の一つとして車の購入がある。義理の母親は、エコカー減税がお得だ。と言っては車を買い替え、定年すると車が購入出来なくなる。

軽自動車 人気

と言って、通勤にしか使用していなかった新車同様の車を2年足らずで買い換えた。義理の姉の方も、上記に書いたエコカー減税の時に普通車から普通車へ買い替え、「最近、よくぶつけられるのよ。この車が悪いんじゃないかしら」と言って、義母と同じく2年足らずで、また普通車へと買い換えた。軽自動車の価格が、新車でも100万円前後で購入出来るので、お金のある所からしたら、鼻くそのようなもので、痛くもかゆくもないのだろう。

そして、主人にも義理の姉が2度目に車を買い換えた際に、「よくぶつける」と言っていた車を譲って下さった。それは、前の車より新しくなり良かったのだが、車検をいつしたか。などの確認を義理の姉から旦那は全くしておらず、車の2年おきにしなければいけない正規の車検ではなく、1年おきにする方の車に貼ってあるシールを見て、慌てて、「車検の時期が過ぎてるよ!!」と言ったので、私も急いで車屋に持って行くと、上のような説明を受けました。ややこしいシール貼るなよ~とほっとしました。

Rowynn Dumont